Oracle Database

Oracle Databaseは米国Oracle社で開発・販売されている商用リレーショナル・データベース・マネージメント・システムのことを言います。最新版 は2013年6月25日の12c Release1になっています。

メインフレーム・コンピュータからパーソナル・コンピュータまでの幅広いプラットフォームに対応しています。
Oracle Databaseは2次元の表形式でデータを表したデータベースで、操作にはSQL言語を使用します。同じマネジメントシステムにはMicrosoft社の2種類のものやオープンソースのものその他数種類のものが知られています。

商用リレーショナル・データベースとして1979年にOracle2が発表され、その後顧客のニーズや環境に合わせて機能拡張を行って来ています。
Oracle Databaseの特徴としては企業のシステムのデータベースに必要とされる基本機能のうち最小単位である行レベルで排他制御が行われるので同時に多くのユーザーのリクエストに応えることができます。

他社の一部のデータベースでは多数の行がロックされるとロック範囲が拡大されロック・エスカレーションを起こすことがありますがOracleにはこれがありません。
検索の際のデータが読み取られることが保証されています。これも他社の一部のデータベースでは検索開始後に更新されたデータも読み取るためにダーティーリードが行われることがあり、Oracleはこれもありません。つまり読み取りに一貫性があります。

企業に対するニーズを満たす拡張機能には性能や処理を向上させたり拡張性と可用性を実現させる機能やデータベース管理者や開発者を支援する様々なツールが用意されています。

Oracle Databaseの処理の仕組みとしては、クライアントはSQLを使用してデータベースに処理要求を行うとリレーショナル・データベース・マネジメント・システムはデータの処理を実行します。データはストレージに格納されて管理されるようになっています。

求人を見てみた件、続編

先日に続いて、私の世界情勢調査(?)は続いています。今回目に付いたのは、このブログのタイトルと同じ「ファーストキャリアトレーディング」さんの求人でした。ネーミングセンスに好感を持ってしまった・・。

ただ、結果的には私にマッチした内容ではありませんでした。

初めに私がファーストキャリアトレーディングを見つけたのは、これでした「ファースト・キャリアトレーディング株式会社|データベース設計・構築・・」。

DB構築エンジニア!!このブログの記念すべき第一号の記事はMySQLでしたが、フロントエンドのさらにフロント(というか端っこ)しか理解していない私が唯一興味を持ったのがこのDBだったからです。「人種・国籍にとらわれない能力本位・人物本位の人材活用」というアピール文章に目が留まりました。トランプ大統領が就任してグローバリズムとは反対の動きを見せ、日本ではヘイト問題が騒がれている昨今、このうねりに対抗する力が必要であると個人的には考えています。

IT技術の発展も、あらゆる世界中の壁、距離を乗り越えたものであると私は思っていますので・・・。

そうしたわけで、私が働くなら、そういった人種や外見、固定観念に縛られていない雰囲気の企業が理想で、このファーストキャリアトレーディングさんの企業理念は同調できると感じたのです。

でも・・・。あれれ?よくページを見てみると、「現在こちらの求人は募集を行っていません」って・・・。よく見ないでページを読んでしまっていました。残念。

C

プログラミング言語は、五千種類以上が存在しています。

しかし、その中でも、よく使われる言語や人気が高い言語は限られており、その中でもC言語はあらゆるシステムや言語やライブラリなどを開発するのに使われています。

その為、他の言語をC言語で開発したシステムに組み込むといったような事がしやすく、JavaやPythonやPHPなど後から開発された言語のベース言語になっていますので、それらの後発(こうはつ)言語よりも高速に動作するのがメリットとなっています。

メールシステムや統計ツール、組み込み機器のファームウェアなどの開発に使われる事が多いです。
人間に理解しやすい文法でありながら、ハードウェアの低レベル部分にまでアクセスする事が出来ますので、アセンブラほど高速ではありませんが、現在使われているシステムにおいては十分な処理速度を発揮させられます。

近年では、C言語が登場した頃には無かった現代的な仕様やライブラリなどが多数登場してきており、現代的なプログラム手法を採り入れる事が出来るようになっています。

LinuxやFreeBSDなどのフリーUNIXと呼ばれるオープンソースのオペレーティングシステムとの相性が良い為、これらをベースにして構築されたシステム作りや組み込み機器向けのプログラムは、今でもC言語を使って開発が続けられています。
メールシステムや統計ツールは、大量のトランザクション処理を行いますので、システムの処理能力において高速性が求められます。

この言語は先程もご紹介しましたように、人間が理解しやすい形で文法が成り立っており、高速なプログラムを組む事が可能ですので、スクリプト言語を組み込んでおけば、C言語でわざわざ繰り返して処理を行う事無く、スクリプト言語に繰り返し処理を任せておく事も出来ます。

C言語は、色々な派生言語が存在していますが、密接に関係があるのは、C++やObjective-Cといったプログラミング言語であり、オブジェクト指向プログラミングの概念が採用されています。

IT関連の求人を見てみた件

いつものお勉強の備忘録とは違って、この「キャリア形成日記」では、自分がIT業界に入るためにやってきた中で感じたことを書いていこうと思っています。

まず最近思っているのは、「IT」と一言で言っても、ものすごく幅広い世界なんだということです。調べれば調べるほど、その果てがどこにあるのか予想もつかない、収集もつかないほどの広がり感・・・まるで初めて海をみたカエルの気分を日々味わっています。

ITについていろいろと知った上で自分の進むべき道を見出そうと考えていますが、どこまで知った時点で道を絞っていったら良いのか。本当に悩みますね。

そうこうしながら、「IT 求人」とGoogleにて検索してみると一番トップにはDODAという求人サイトが。中身を覗いてみると、どうやら職種としては大きく分けて、エンジニアとクリエイターの二つがあるということがわかりました。でも、クリエイターって、すごく敷居が高そうに感じます。

「注目のワードから探す」という欄があって、どうやらこのサイトで沢山見られている分野をピックアップしているようなのですが、ふむふむ。JavaScript、Ruby、Scala、Python・・・なんだか自分にはレベルが高い求人サイトかな、と感じてしまいます。ただ、唯一私がある程度理解しているHTMLやCSSも注目ワードにありますので、まったく取りつく島がないわけでもないのかな・・・と小さな希望を感じます。

Googleの検索ランキングに戻りまして、2位にあったのが「エン転職」。どこかで聞いたことがある名前です。転職会議とはどう違うのか・・。

見てみると、早速冒頭から「開発エンジニア」「システムエンジニア」「アプリ開発の未経験歓迎」と、いきなり求人が並んでいて、さっきのDODAさんよりも親しみを感じます。気が付いたら、色々な求人を見ていましたが、何だか働く時のイメージが湧きました。

ある程度のIT業界での経験や知識がある人で、なおかつ自分がやれること、向かいたい方向が明確な人であれば、さっきのDODAで自分にあった分野を絞っていって、沢山の求人情報の中からマッチする会社を選びやすいのかもしれません。

今日は雪もちらついて寒いし、このあたりで。

RedHat Enterprise Linux

Linuxは、サーバなど様々な場面で活用されているオープンソースオペレーティングシステムです。

公式サイトでは、ソースコードだけが公開されており、これをビルドしてOSの核であるカーネルを構築します。
しかし、このカーネルに含まれている機能を最大限に使うには、各種ライブラリやソフトウェアを導入して直接人間が使える形にする必要があります。

カーネルにユーザーランドを加え、必要になるソフトウェアをパッケージングして、配布出来るようにした物をLinuxディストリビューションと言います。
Linuxディストリビューションは、大手企業からコミュニティまで幅広い組織から公開・販売されています。

RedHat Enterprise Linuxはその名の通り、大手企業が商用利用を目的に開発したOSであり、多くの業務用サーバで活用されています。
それだけに留まることなく、Fedoraというコミュニティ版が存在しており、こちらで先行して新しい機能を採り入れています。
しかしながら、商用利用という性格上、Fedoraよりも安定したバージョンのソフトウェアを同梱する傾向があり、開発メーカーからのサポートを受けられるようになっています。

RedHat Enterprise Linuxのソースコードをベースに、配布の際に問題になる部分を除去したり、独自のソフトウェアを組み込んだりして配布するクローンOSと呼ばれる物も存在しています。
RedHat Enterprise LinuxのクローンOSは、オープンソースで公開されていますので、無料で使う事が可能となっており、主にサーバや科学技術計算などの用途で使われています。

商用版を利用するメリットは、トラブルが発生した時に様々なサポートを受けられる点にあります。
コミュニティ版やクローンOSは、無料で使える分、ユーザー自身が自分で問題を解決するスキルが求められる場面が多々ありますので、商用利用をする時には、ライセンスとサポートの事を考えて選ぶ必要があります。