Javascript

ウェブ制作はホームページの構造となるHTML、レイアウトデザインを決めるためのカスケードスタイルシートのCSS、そして動的ページには欠かせないJavascriptと言った3つの記述言語のスキルが求められます。

HTMLだけをマスターしておけばホームページを作る事は出来ますが、デザインに凝りたいと言った場合にはカスケードスタイルシートのCSSのスキルや知識が求められますし、動的ページを作る事でより多くのユーザーがホームページに訪れた時にリピーターとなりやすくなるなどのメリットに繋がります。

そのため、構造を作り上げるHTML、デザインを作り出すCSS、動的ページを構成する事が出来るJavascriptの3つのスキルや知識を持つ事がウェブ制作には欠かせない存在になっていると言う事です。

では、Javascriptとは何なのかと言う疑問を感じる人も多いのではないでしょうか。
動的ページと言っても、どのような動きを与える事を意味しているのか、アニメーションなのかそれとも動画なのかと言った疑問を感じてしまう人も多い事でしょう。

Javascriptとはホームページの中でインタラクティブな表現を作り出すために開発されたオブジェクト指向型のスクリプト言語です。

一見、Javaと似ているのでJavaの簡易プログラミング言語と言ったイメージを持つ人もいますが、Javaとは全く異なる言語である事、Javaの場合はコンパイラーを使ってアプリケーションとして動作するようにする必要が在りますが、Javascriptの場合はHTML文書内に直接記述を行う方法とリンク属性を用いて外部ファイルとして利用する方法があります。

直接HTML文書に記述が出来る、外部ファイルとして利用出来るため、コンパイルなどをせずに動的ページを作り上げる事が可能です。

尚、HTMLの中に直接記述する場合には、scriptタグを使ってtype属性を指定する必要があり、外部ファイルとして利用する場合も、scriptタグとtype属性を指定する必要がありますが、外部ファイルへのリンクを記述する事やファイル名を指定する必要があります。