Oracle Database

Oracle Databaseは米国Oracle社で開発・販売されている商用リレーショナル・データベース・マネージメント・システムのことを言います。最新版 は2013年6月25日の12c Release1になっています。

メインフレーム・コンピュータからパーソナル・コンピュータまでの幅広いプラットフォームに対応しています。
Oracle Databaseは2次元の表形式でデータを表したデータベースで、操作にはSQL言語を使用します。同じマネジメントシステムにはMicrosoft社の2種類のものやオープンソースのものその他数種類のものが知られています。

商用リレーショナル・データベースとして1979年にOracle2が発表され、その後顧客のニーズや環境に合わせて機能拡張を行って来ています。
Oracle Databaseの特徴としては企業のシステムのデータベースに必要とされる基本機能のうち最小単位である行レベルで排他制御が行われるので同時に多くのユーザーのリクエストに応えることができます。

他社の一部のデータベースでは多数の行がロックされるとロック範囲が拡大されロック・エスカレーションを起こすことがありますがOracleにはこれがありません。
検索の際のデータが読み取られることが保証されています。これも他社の一部のデータベースでは検索開始後に更新されたデータも読み取るためにダーティーリードが行われることがあり、Oracleはこれもありません。つまり読み取りに一貫性があります。

企業に対するニーズを満たす拡張機能には性能や処理を向上させたり拡張性と可用性を実現させる機能やデータベース管理者や開発者を支援する様々なツールが用意されています。

Oracle Databaseの処理の仕組みとしては、クライアントはSQLを使用してデータベースに処理要求を行うとリレーショナル・データベース・マネジメント・システムはデータの処理を実行します。データはストレージに格納されて管理されるようになっています。