RedHat Enterprise Linux

Linuxは、サーバなど様々な場面で活用されているオープンソースオペレーティングシステムです。

公式サイトでは、ソースコードだけが公開されており、これをビルドしてOSの核であるカーネルを構築します。
しかし、このカーネルに含まれている機能を最大限に使うには、各種ライブラリやソフトウェアを導入して直接人間が使える形にする必要があります。

カーネルにユーザーランドを加え、必要になるソフトウェアをパッケージングして、配布出来るようにした物をLinuxディストリビューションと言います。
Linuxディストリビューションは、大手企業からコミュニティまで幅広い組織から公開・販売されています。

RedHat Enterprise Linuxはその名の通り、大手企業が商用利用を目的に開発したOSであり、多くの業務用サーバで活用されています。
それだけに留まることなく、Fedoraというコミュニティ版が存在しており、こちらで先行して新しい機能を採り入れています。
しかしながら、商用利用という性格上、Fedoraよりも安定したバージョンのソフトウェアを同梱する傾向があり、開発メーカーからのサポートを受けられるようになっています。

RedHat Enterprise Linuxのソースコードをベースに、配布の際に問題になる部分を除去したり、独自のソフトウェアを組み込んだりして配布するクローンOSと呼ばれる物も存在しています。
RedHat Enterprise LinuxのクローンOSは、オープンソースで公開されていますので、無料で使う事が可能となっており、主にサーバや科学技術計算などの用途で使われています。

商用版を利用するメリットは、トラブルが発生した時に様々なサポートを受けられる点にあります。
コミュニティ版やクローンOSは、無料で使える分、ユーザー自身が自分で問題を解決するスキルが求められる場面が多々ありますので、商用利用をする時には、ライセンスとサポートの事を考えて選ぶ必要があります。