Eclipse

プログラムを書く際には、効率的に開発が行える環境を整えておいた方が便利です。
また、企業でソフトウェアを開発する際にはチームで開発データを共有出来る環境が必要になってきます。

ソフトウェアの開発には、C言語やJavaなど様々な言語が使われますが、複数の言語で開発を進める際にも環境が整っているかどうかで開発速度が大きく変わってきます。

Eclipseは、Javaの統合開発環境ですが、プラグインを追加する事で、Javaだけでなく、C言語やPython、PHPなどのプログラミング言語用の開発環境として使う事が出来ます。
Eclipseは、Javaで開発されたソフトウェアですので、Javaが動作する環境が必要です。
定期的にバージョンアップが図られていますが、現在使っているバージョンのEclipseからアップデートする事も可能ですので、新しい機能が必要になった場合に直ぐにアップデートを行えます。

プラグインを複数搭載する事が出来ますが、プラグインを増やし過ぎますと、Eclipseの動作が遅くなってしまいますので、必要最低限のプラグインを導入しておくのが一般的です。

Eclipse以外にも、色々な統合開発環境が存在しますが、現在主流になっている言語にほぼ全て対応しているのはEclipseしかありません。

テキストエディタやターミナル、スクリプトエンジンなどを使って開発を行うのは非効率ですが、Eclipseで環境を構築しておく事で、チーム開発がしやすくなったり、デバッグやテストを効率的に行ったりという事が可能になりますので、ソフトウェアの品質を引き上げられます。
Javaによるソフトウェア開発だけでなく、C言語などによるソフトウェア開発まで幅広く対応しているのがEclipseの人気に繋がっています。

モバイル端末向けのアプリケーションを開発する為のプラグインが存在していましたが、現在では独立した物も多く、JavaやC言語によるサーバやパソコン向けのアプリケーションを開発するのに特化する傾向が高まっています。